windowsServer2012でwindowsUpdate用にタスクスケジューラで再起動する方法

IT

windowsServer2012には、windowsUpdate専用の再起動が存在しないので、タスクスケジューラを利用して自動で再起動をする。

1.タスクスケジューラを起動して「タスクの作成」をクリック
※画面右側の操作にあります。

2.名前を適当に入力して「次へ」をクリック

3.今回は、windowsUpdate後の1回限りの再起動なので「1回限り」を選択して「次へ」をクリック

4.再起動する時刻を入力して「次へ」をクリック
※誰も触っていない時間帯かつ他のタスクスケジューラと被らない時間を指定する。

5.「プログラムの開始」を選択して「次へ」をクリック

6.下記のとおり入力して「次へ」をクリック
プログラム/スクリプト:shutdown
引数の追加:-r

7.下記のとおりチェックを入れ、「完了」をクリック
※まだ、設定が残っているので、プロパティを開きます。

8.すぐにプロパティがひらくので、下記のとおりチェックをいれて「OK」をクリック
※ここのチェックを入れないとログイン状態のときにしか動きません
※もし、この設定をしているユーザにAdmin権限がない場合には、最上位の特権で実行するにもチェックをいれてください。

9.パスワードの入力が求められるので入力して「OK」をクリック

以上で完了です。指定した時間になると自動で再起動がかかります。

タイトルとURLをコピーしました